プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

設備投資について考える

国内企業は資金需要に乏しく、
資金が大量に国債に向かう今日この頃、
設備投資について少し考えて見る。


設備投資は、ざっくりと4つに分類できる。


(1)拡大投資
拡大投資とは、新工場の建設、店舗の出店などの
生産・販売能力を増強させることを目的とした投資。

たとえば、
「既存事業の売上が減少傾向にあり、
売上を確保していくために新規事業に投資する。
当該新規事業は、既存技術を活用でき、
かつ、市場のニーズも見込まれる」
というケースなど。


(2)更新投資
更新投資とは、陳腐化、老朽化した設備を
取り替えるための投資。
現状の企業活動を維持することを目的にしている。


(3)合理化投資
合理化投資とは、合理化によりコスト削減することを
目的とした投資。


(4)戦略投資
戦略投資とは、短期的には投資効果は得られないが、
長期的な視点で企業価値を向上させるために実施される投資。

研究開発投資、環境関連投資が戦略投資に該当する。』

(参考『融資判断のための会計トレーニング』 
 山田ビジネスコンサルティング蝓


拡大投資
更新投資
合理化投資
戦略投資
と4つあるが、

将来にわたり売上向上が見込まれないと
考える場合、
拡大投資・更新投資は控えられる。

合理化投資が活発になればよいのだが、
経費に占める人件費の割合から、
合理化投資を行う場合、
国内でなく、海外展開が視野に入る。

戦略投資についても、
日本国内の人口動態を考慮した場合、
海外投資が優先される。

つまり、人口動態に根ざした
将来需要への悲観的観測が、

そして、アジア諸国と国内の人件費格差が

国内投資を刺激しないということになる。


よって、上記課題から導かれる解決方法は、
海外からの人口流入による国内人口増加、
それに伴う国家間人件費格差の是正。



例えば環境インフラを輸出したとして
国内経済が拡大するかと言えば疑問に感じる。
どれだけの企業、人が環境インフラビジネスに関わっているのだろう。


電気自動車にしても、
本気でグローバルスタンダードを狙うなら、
世界的な水平分業による生産で
価格も生産量も圧倒的な競争優位を築かなければ、
世界標準など、夢のまた夢。



海外からの移民を受け入れれば、
当然にして、職を追われる日本人も出てくる。

ここで見直すべきは、日本という国の形だろう。

日本人が構成する国が日本なのか、
一定の領土に住む人間が構成するのが日本なのか。


明治維新や坂本竜馬、坂の上の雲、が流行っているが、
日本人賛美による現実逃避に感じられ、
日本国民自体が
精神的に少しぶっ壊れてきているように感じる昨今。


本当は、みんな気づいているのではないだろうか。


日本人が日本という国を構成する時代が
終わりに近づきつつあることを。

このまま、日本人が構成する日本として沈んでいくか、
日本国という概念を再構築し、
人種の壁と言語の問題に立ち向かっていくか。

縮小する人口の中で、
少なくとも20年以内には答えを求められるはず。
私たちは逃げられない。


参考になりましたら、下を1クリックお願いします。
  

人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 23:50
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック