プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

セーフティーネット保証借入、その先に

中小企業の多くは、
2008年9月のリーマンショックを受けて、
2008年12月から2009年1月頃より
業績の急激な悪化に見舞われています。

2009年1月からの急激な業績悪化を踏まえて、
第一四半期(1〜3月)は、手元資金で様子を見たというのが
大半の中小企業動向でしょうか。

その間、政府の中小企業の施策として、
急激な業績悪化に対応するための借入に対する特別枠保証、
俗に言う5号認定セーフティーネット保証が
随時、適用業種を拡大していきます。

2010年2月15日より、ついに原則全業種に拡大された緊急保証。

中小企業庁の統計を見ると、1件あたりの借入金額は2000万円弱。

・2期連続の赤字を計上し、繰越欠損を抱えている場合であっても、
 赤字の要因や取引先等からの経営支援等を幅広く勘案した上で
 与信を総合的に判断。
・100%保証の趣旨を踏まえ、金利等の貸出条件に配慮するように
 金融機関に働きかけ

等、貸出審査についても、かなりグレーな緊急対策ですが、
大切なのは、借りたお金は返さなければいけないということ。

2000万円のお金を借りると、仮に期間10年間で借りることができても
1年で200万円のお金を返済しなければなりません。

借りたお金、返す計画は立てられていますか?

今の事業は、支払金利以上の利益を計上できますか?

もしこの2つの質問に数字で答えられなければ、
もう一度経営計画を見直してください。

セーフティネット保証借入、その先に、
本当は、その前にですが、
今までの事業、プラスアルファの事業計画が必要です。

中小企業にとっての2000万円。
けっして小さな金額ではありません。

「金融機関が貸してくれたから」、
「金融機関が今のうちに借りた方がいいと言ったから」、
結局返せないお金を借りたのでは、
残念ながらそのツケは、きっと早い時期に支払うことになるでしょう。








スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 23:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック