プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【JAL再建関連17】3メガバンク、支援機構に債権買取要請

『みずほコーポレート、三菱東京UFJ、三井住友の3メガバンクが
日本航空向けの債権残高計1724億円全額について、
日航再建を主導する企業再生支援機構に買い取りを求めたことが
26日、明らかになった。』

読売新聞 2010年3月27日 記事より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100327-00000124-yom-bus_all

3メガバンクは日航のリストラの進み具合に不満を募らせており、
貸借関係解消に含みを持たせる厳しい姿勢で足並みをそろえた。

支援機構は債権者数を減らして再建を進めやすくするために、
金融機関から債権を買い取る機能を持っている。
日航の場合、32の取引金融機関が計7103億円の債権を保有しており、
請求の締め切りとしていたこの日、
3メガバンクを含め計1908億円の買い取り請求があった。

ただ、この機能は本来、主要取引銀行以外からの買い取りを想定したもので、
日航の資金繰りを支えてきた3メガバンクからの全額買い取りは想定外といえる。

日航や支援機構は今夏をめどに、日本政策投資銀行などによる
つなぎ融資のうち5000億円をメガバンクなどから借り換えたい意向だ。

再建に向けては、グループ社員5万1000人の5%にあたる
2700人の早期希望退職職を募るなどしているが、
メガバンク側は
「人員や路線の削減規模が小さすぎて再建は困難。
このままでは借り換えに応じられない」との構えだ。

メガバンク側は会社更正法に基づく更正計画が固まるまでは、
買い取り請求を撤回することができ、
今後、計画策定を巡り厳しい綱引きも予想される。』


メガバンクも当初予定と異なる動きを始めた。

もともとメガバンクは担保による保全額を除いた部分の
83%を債権放棄する計画だった。

みずほコーポレートが464億円
三菱東京UFJ銀行が468億円
三井住友銀行が156億円

がそれぞれ83%の債権放棄額にあたる。

債権放棄した後も、
貸借関係が当然にして残る計画(17%部分)だったが、
これすら認めないという強硬姿勢に出てきたのだ。


債権放棄し、負債が圧縮した後、
収益が計画通りあがり、残りの債権をきっちり回収することが
金融支援の大前提。



いかに公共性の高い企業とは言え、

実現可能性の低い計画に加え、
リストラについても金融機関の想定通り進まず、
未だ単月黒字化の目処が立たたない。

この状況で、この計画で再建しますから、
債権放棄よろしく、といわれても、
当然納得できないはず。

主要行の同意が得られなかったことは、
支援機構の調整力不足である。

支援機構の計画、
日航の再建実行力
がともに、外部評価に耐えないものであるということが露呈した。

支援機構の計画見直し、
日航のリストラ加速は待ったなしである。


参考になりましたら、下を1クリックお願いします。
  

人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 23:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック