プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

生産性向上基準と財務健全化基準

蟯覿蛤得源抉腟々修砲錬靴弔了抉膣霆爐ある。

その中で、

「生産性向上基準」及び
「財務健全化基準」というものが上げられているが、

これについては、
業況が悪化した企業が事業再生を行う上で、
一つの指針となるのではないだろうか。

以下、7つの支援基準を見ていく。

『・有用な経営資源を有していること

・過大な債務を負っていること

・主要債権者との連名による申込みである、
又は主要債権者から同意が得られる等の見込みがあること

・3年以内に
「生産性向上基準」及び「財務健全化基準」を満たすこと。

★生産性向上基準
自己資本当期純利益率の2%ポイント以上向上、
有形固定資産回転率の5%以上向上、
従業員1人当たりの付加価値額の6%以上向上等の
いずれかを満たすことが必要

★財務健全化基準
「有利子負債≦キャッシュフロー×10」、
「経常収入>経常支出」
のいずれも満たすことが必要。

・機構が債権買い取り又は出資を行う場合、支援決定から3年以内に、
債権又は株式等の処分が可能であること、

・機構が出資を行う場合、必要性、ガバナンス発揮、
メインバンク・スポンサー等の出融資等の見込み、
投資資金以上の回収の見込み等を満たすこと

・労働組合等との話し合いを行うこと』


一般論として、事業再建を行う場合、

/融の刷新と組織改革
⇒卦抻饂最箋
4浜制度・決裁権限など経営ルールの整備
ど垪了算業の収束


を行うなかで、リストラと借入金圧縮を進めていくこととなる。

3年という期間は大変短い。
よって上記再建施策を同時並行的に行う必要がある。

機構の場合、
簡易な資産査定を行い、
ある程度実現可能な収支計画を想定した上で、
再建に向けての債務免除等の金融機関との下ネゴも進め、
3年以内に、生産性向上基準と財務健全化基準が満たせると
判断した場合、支援に踏み切るという形なのだろう。

支援が決定した段階から、
やるべきことがまとまっていなければ、
3年での再建は不可能だ。

資産売却、金融支援等の外科手術が必要な企業の場合、
内部だけで再建計画を実行していくには時間がかかりすぎる。

人事刷新と組織改革、
経営ルールの整備の部分に関しては
特に困難を極めることだろう。




参考になりましたら、下を1クリックお願いします。
  

人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 00:08
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック