プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2013年、中小企業金融動向

2013年3月の金融円滑化法の終了がほぼ確実となっていますが、

今年の中小企業金融動向は以下のように予測してみました。



今年の中小企業金融は・・・

◆貸倒引当金を積み、海外展開を加速したい体力がある都市銀行、


◆地域経済が疲弊しており、融資先となる企業も少ない地方銀行、信用金庫、


◆景気浮上の気配もなく、金融円滑化法の出口を見出せない金融庁


この3者の足並みが揃わなくなる年になりそうです。


恐らく中期的には、

・地方銀行、信用金庫の合併が加速する。

・都銀を中心に条件変更に応じることができない案件が増え、代位弁済増加。

・信用保証協会の役割が大きくなり、保証協会サービサーが中心となりDDS、DES、債権放棄等、税金を使って中小企業の再生を行う。

の3つが起こりそうですね。

金融機関に企業再生を任せることは、現実問題として難しいでしょう。


そして、借金の多い会社の倒産リスクは、時間とともに増大していきます。

現実的には、代位弁済された債権をどのように資金化し、投下した税金を回収していくかが課題となります。

そのためには、債務者である中小企業が行う事業を正しく評価し、価値付けし、しかるべき企業に買って貰う以外ないのではないでしょうか。

借金が整理されれば、買い手が付く中小企業は多いはずですから・・・

スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 20:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック