プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ICTスタートアップバブル

インターネット関連企業を
「IT企業」とか呼んでいるが、

最近では、「IT」ではなく「ICT」と言うらしい。



以下のページから引用。
http://www.sophia-it.com/content/ICT

『ICTとは、情報通信関連する技術一般の総称である。
従来ひんぱんに用いられてきた「IT」とほぼ同様の意味で用いられるもので、
IT」に替わる表現として日本でも定着しつつある。』



で、今、この分野が若干バブルっぽくなっている。


モバゲーがSNSゲームを中心に、
業容を拡大しており、
更なる知名度拡大のため、
運営会社DeNAが球団買収に乗り出したり、

GREEの新卒に対し1500万円という
破格の給与条件を提示していることが、
ネットで話題になったりと、

この界隈でなんとなく、きな臭い感じのする話しが
頻出していることも、
バブルの状況を物語っている。


この状況をについて、
まとまった記事が、螢献礇僖鵐戰鵐船磧璽螢機璽舛ら出ているので、
参考に一部を切り抜いておく。

http://www.jvr.jp/sites/default/files/press_releases/startup2011.pdf




2011年11月11日
「ICTスタートアップ・アクセラレーター元年」より



2011年は2000年以来のICTベンチャーのスタートアップが
ブームとなっている。・・・


2000年はビットバレー誕生など
数多くのWeb系ベンチャーが生まれる状況であった。

ICTスタートアップバブル再来とも言われている2011年、

ブームの背景には10年前とは明確な違いが見えている。


■スマホ+GPS+SNSの組み合わせでビジネスの発案が身近に
■システムのクラウド化が普及、初期コスト低減により起業ハードルが低下


クラウドコンピューティングの出現は機材・開発環境などの
システムインフラへの多額の投資を不要とし、
ICT関連ビジネスにおいて革命的な起業コストの低下をもたらした。


また、2011年はモバイル(スマートフォン)やSNSなどの
アプリケーション開発プラットフォームが充実、
GPSなどの技術や利用が一般化し、
それらを組み合わせたアプリの開発が容易になり、
これらのICT技術とその利用に慣れ親しんだ若者から
多くの事業アイデアが生まれてきている。

これらは、就職難という経済環境要因も加わり、
大企業に就職せずに自立する若者の増加や、
大学生などの起業が活発化する要因となっている。


・・・

これらの若者の起業を支援するプログラムを
独立系VC,ICT新興企業が展開するという動きが
近年見られるようになってきた。

・・・

2009年からのサムライインキューベートの活動を始めとして、
ICT特化型の独立系VCやICT系新興企業のCVCによる
スタートアップを対象とした各種イベントの開催や
インキュベーションオフィスの設置が増えてきた。

これらは、スタートアップラウンドと呼ばれる会社設立からの投資や、
投資先を募るコンテストの開催、
あるいはより多くの起業家を生み出し育成する
ビジネスプランコンテストの開催や支援プログラムの企画、
そして、一人からでも入居できるインキュベーションオフィスを併設するなど、
これらを組み合わせて資金面・経営面で総合的な支援を行うのが特徴だ。

・・・』




2011年3月までのベンチャーキャピルの投資動向を見ると、
投融資額については、2009年度に底を打ったものの、
投融資先数については、依然として減少傾向であった。


参照
VEC『2011年度ベンチャーキャピタル等投資動向調査結果』より




しかし、上述されるとおり、
2011年に入り、スマートフォンとSNSの普及は加速しており、

特にSNSについては、
海外同時展開も視野に入れたビジネスが構築できる可能性がある点で、
環境が大きく変わったことは確かだ。

これにより、ベンチャーキャピタルの動きが
活性化される可能性がある。


独立系VCや新興企業のCVCから資金調達が可能で、

就職難により、いい人材を採用できる可能性が増し、

ICT分野で競争のルールが変わり、初期投資額が下がるとすれば、

力のある企業が生まれる可能性は高まる。



もしこの分野で起業を考えているのならば、
すぐにどこかのビジネスプランコンテストに応募し、
VC及びCVCから資金を引っ張り出すことに挑戦して欲しい。


これから1年で、状況が急変する可能性が否定できないからだ。

バブルとは、そんなもの。


なにはともあれ、
この分野でどのような企業が台頭してくるのか、
定期的に観測していきたい。






スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 16:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック