プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【自助論】

社内読書会のススメ その2は、

「自助論」
S.スマイルズ




明治四年に中村正直による日本語訳が
「西国立志編」と題して出版されてから
140年近くが経過している。

竹内均氏の訳者解説での言葉

この本を、私は特に若い人たちに読んで欲しいと思う。

この本が彼らの開眼の書となってほしいと思う。

しかし一方でまた、

私はこの本が青年というにはやや年とった人にも
読まれることを願う。

自己実現するのに遅すぎるということはないし、
これらの年をとった人たちが、
自分の子供や自助の心をもった青年を選んで、
彼らを助けてほしいと思うからである。』


の言葉にあるように、
どんな世代が読んでも、
その人なりに感じ入るものがある本。

長い歴史の中で埋もれることなく、
読み継がれてきたことからも、
必読の書と言えるのではないだろうか。



【 社内読書 課題 】




1.数ある節の中で、

あなたの心に最も残った箇所はどこですか?



2.その箇所を読み、

あなたは社会人として、

どうありたいと考えますか?


<関連記事>

社内読書会のススメ

【チーズはどこへ消えた?】


 

スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 22:13
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック