プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012年は中小企業金融の転換期か?

平成24年3月31日、金融円滑化法が終了する。

これについては、過去記事
「平成24年3月31日の法案期限に向けて」にコメントしたが、
http://keieiryoku.jugem.jp/?eid=184#sequel


もう少し、周辺情報をまとめて今後の中小企業金融の動きを
予測しておくことにする。


まずは、やや古いが2011年6月24日ニッキン記事より抜粋

「金融庁、資産査定を厳格化  円滑化法の条件変更先に、
金融界・不良債権増を懸念」

http://www.nikkin.co.jp/articles/show/1106250000024454


金融庁は、
金融検査で資産査定の厳格化にかじを切り始めた。

中小企業金融円滑化法に基づき
貸し付け条件を変更した債務者が主な対象。

足元では本庁検査を受けた地方銀行が中心だが、
同法の適用期限が切れる2012年3月末に向け
第二地方銀行や信用金庫などにも広がる可能性がある。』



これに加えて、約1ヵ月前 2011年9月22日の日本経済新聞記事より

「信金・信組の自己資本規制を強化 金融庁、中核資本4%軸に」

 『
金融庁は地域金融機関を対象にした自己資本規制を強化する。

貸し出しなどのリスク資産に対し、
普通株式や利益剰余金などで構成する
「中核的自己資本」の最低比率を現行の2倍に相当する
4%前後に引き上げる方向で調整している。


業績悪化で新基準に抵触しかねない金融機関には
早期是正を促すとともに、
競争が激しい地域金融の再編につなげる。

金融庁は8月末を期限に、
地方銀行や信用金庫、信用組合など
約600の金融機関に自己資本の詳細なデータの提出を求めた。

結果を踏まえて、
財務の健全性を高める新基準の詳細を今年度中に固める方針だ。

国際的に展開する大手金融機関への新自己資本規制が始まる
2013年以降の早期に実施する。

現在の地域金融機関への自己資本規制は、
中核的自己資本の比率を2%以上とするよう求めている。

普通株や信金・信組における出資金は返済の必要がないため、
損失が出た際に吸収力が高い。

新規制ではこうした中核的自己資本を2倍程度に高める。

11年3月期に地方銀行、
第二地銀で中核的自己資本比率が4%を下回ったのはゼロだった。

一方、信金・信組について
日本経済新聞が公表されている財務諸表を調べたところ、
4%を割り込んでいるところは5程度だった。

この水準が続くと、
新基準では即座に資本増強が求められる。

一方、資本の余裕が比較的乏しい
6%以下の地域金融機関は少なくとも30強ある。

業績が悪化して中核的自己資本比率が
4%に近づいて下がるような場合は、
金融庁は早期に資本増強を求める考えだ。

地域金融機関はかねて

「オーバーバンキング(銀行過剰)」

と指摘されている。

地域経済の地盤沈下で有望な貸出先も減っており、

収益もじりじりと減少し続けている。

今回打ち出す自己資本比率規制の強化は、
こうした地域金融機関の再編などによる
抜本的な経営基盤の強化につなげる狙いもある。』



つまり、今後の流れを予測すると、

2012年3月末に、円滑化法が終了。

その後、金融庁の金融機関に対する資産査定が厳格化し、

自己資本が十分でない地域金融機関が再編される。

というもの。



もし、読まれている方が中小企業経営者であるならば、
一度、取引金融機関のディスクロージャー誌を
ホームページ等で見て欲しい。


ちなみに、
弊社のお客様が一行取引を行なっている
信用金庫の自己資本比率は、
5.69%

リスクアセットが5,799億円なので、
5.69%−4.00%=1.69%
5,799億円×1.69%=98億円


中小企業金融円滑化法の終了に伴い、
資産査定が厳格化されると、

4%を下回る可能性が十分出てくるレベル。


かりに、取引金融機関が他行と合併となると、
不良債権処理のため、大鉈が振るわれることとなり、
債権整理が本格化してくる。


中小企業がやるべきことは、

・財務体質の強化
・取引金融機関の動向注視
・借入依存からの脱却

等が上げられる。


現在の金融円滑化法下の中小企業金融は、
異常な状態であると認識した上で、
返済緩和を行なっている企業は、
早期に金融機関取引の正常化を行わなければ、
突然、はしごを外されることになる。


また、現在、正常な金融機関取引を行なっている企業も、
取引金融機関の自己資本向上の煽りを受け、
貸し渋りに合う可能性がある。



銀行取引でお困りの際は、こちらまで・・・
株式会社マイルストーン・コンサルティング・グループ
http://www.milestone-inc.co.jp/


スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 22:06
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック