プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

平成24年3月31日の法案期限に向けて

「中小企業金融円滑化法」期限満了に向けて、
日経新聞等、不良債権増加懸念の記事が出てきている。


この法案が期限満了を迎えた場合、
第二地銀、信金の財務状況悪化により、
中小規模の金融機関の統廃合が予想される。


日本経済新聞Web版にまとまった記事があったので、
こちらを一部抜粋。


不良債権増やすポピュリズムの弊害
(西川善文氏の経営者ブログ)
2011年10月13日


『 
10月10日付の日経報道によると、
銀行融資のうち「不良債権予備軍」といえる貸し出しが
銀行貸し出し全体の10%、
44兆円(いずれも日銀調べ)にも達しているという。


一般に銀行は貸し出し債権を、


「正常先」、「要注意先」、「破綻懸念先」、「破綻・実質破綻先」


に査定、分類するが、

「要注意先」の中で金利減免など
貸し出し条件を大幅に緩和した貸し出しは「要管理債権」として、
不良債権扱いすることになっているので、


ここでいう「不良債権予備軍」は、
「要管理債権」を除く「その他要注意債権」と呼ばれるものである。


「その他要注意債権」は、
再建が見込めるとして正常先に分類されているが、
返済が滞り始めるなど不良化する可能性が大きい「予備軍」である。


これに対する貸倒引当率は、
貸出金(担保による保全部分)の数%で、
要管理先の10%以上に比べて低い。


全国銀行の不良債権比率は2%台半ばで、
10年前の4分の1にとどまっているが、


引当率の低い「その他要注意先債権=不良債権予備軍」が、

2008年のリーマンショック以降、急増し、
5年前に比べると、1.5倍に膨らんでいる。


直近の「その他要注意先」に分類された貸出金を業態別にみると

大手行は貸出金全体の6%、
地銀は14%、
第二地銀は18%に達しており、

やはり、中小企業取引の多い地銀の増加が大きい。


問題は、このように「不良債権予備軍」が急増した原因であるが、
約2年前に施行された中小企業金融円滑化法の影響が大きいと見られる。

この法律は、リーマンショック後の中小企業の資金繰り倒産を防いだが、
日経も指摘するように、
不良債権の予備軍が増加する副作用をもたらしたことは明らかである。

同法施行によって、銀行が返済猶予に応じた貸出金は
今年6月末までに累計38兆円、
この中で本来不良債権に分類すべき債権は、
約5兆円に上るという試算もあるという。

リーマンショック以降、
中小企業の業況の改善が、はかばかしくないという事情もあるとは思う。

しかしながら、中小企業金融円滑化法は、
一種のポピュリズムから制定されたもので、
本来、金融は金融機関と顧客との緊密な話し合いと
金融機関の合理的な判断に委ねられるべきものである。


ポピュリズムに流されて合理的な判断を欠いた結果が
不良債権予備軍の急増である。


本来あるべき姿を歪め、そこに政・官による指導や介入が入り込むと、
それがもたらす弊害は思いのほか大きなものになること
を政・官・民ともに、改めて認識すべきである。』


以前、

『東京債権回収倒産と信用保証協会保証残高』
http://keieiryoku.jugem.jp/?eid=162#sequel

という記事を書いたが、

記事を書いたときから現在までの景気動向を踏まえると、
不良債権は、5兆円規模を超える可能性が高い。


また、法案期限後の平成23年4月以降は、


DDS、DES等の債務整理前の金融手法活用ガイドライン制定と
金融機関とサービサーの一定のルールに基づく連携が、
中小企業金融の中心課題となると考える。


前回の記事
『平成23年4月から、倒産が加速している』
http://keieiryoku.jugem.jp/?eid=183#sequel


にも記載したが、事業持続可能性について、
金融庁が企業の財務指標をもって
一定の線引きを行う可能性も否定できない。


平成23年12月頃までに、このあたりの事前通達が金融庁から出て、
平成24年3月の法案期限満了以降の
中小企業金融のあり方が見直されることとなるだろう。



そのための観測気球が、平成23年4月に金融庁から発表された
『中小企業者等に対する金融円滑化を図るための臨時措置に関する法律に
基づく金融監督に関する指針』と考えるのが自然だ。


歪が解消される場面では、当然、貸し渋りが発生する。


先行きが不透明な企業の場合、
年内にある程度、来年の資金繰り目処を付け、
取引金融機関との交渉を行う中で、
取引状況がどのように変化していくのか、
見極めていく必要がありそうだ。


そんなとき、銀行交渉に不安があれば、
株式会社マイルストーン・コンサルティング・グループまで

http://www.milestone-inc.co.jp/


スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 16:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック