プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スタッフ部門の昇格要件にビジネス・キャリア検定を

従業員の自己啓発推進のために、
資格取得についてポイントを各人に付与し、
これを昇格要件にするような
人事制度を作ろうと考えている企業は多い。

しかし、
スタッフ部門においては、
汎用的な資格試験が少なく、
部門によって、資格試験に偏りが出てしまうことが多い。

こんな状況を打破し、
部門間によって偏りがない昇格要件を作成するのに、
ビジネス・キャリア検定を導入することは
企業側にとって、メリットとなるのではないだろうか。


スタッフ部門の企業内自己啓発体系の構築について
NECソフト蠅粒萢兒例が、
ビジネス・キャリア検定公式HPに記載されている。


http://www.bc.javada.or.jp/career/pdf/ad_c_03.pdf

以下、抜粋。

 「NECソフト株式会社には、
社員が5,000名ほどいますが、
その大部分をシステムエンジニアが占めています。

システムエンジニアについては、
経済産業省のITスキル標準に準拠した人事制度を
用意しており、また、システム系の国家試験を
昇格要件の指標にするなど、
従来から人材育成や人事制度において明確な基準を
設けてきました。

一方、人事や経理などのスタッフ部門で働く社員は
数百名いますが、
システムエンジニアほど人材育成や人事制度について
明確な基準がありません。

そこで当社では現在、
若手社員を対象に、昇格要件として各種資格試験を
組み込んだ仕組みを作っており、
その一つがビジネス・キャリア検定です。


当社の人事制度は、人事資格が1級から7級まで
定義されており、
新入社員は1級、マネージャークラスは5級、
事業部長クラスが7級となっています。

社員は、人事資格に応じたポイント数を取得しなければ
昇格の審査対象になれません。

ポイントは各種資格試験等に合格することで取得でき、
合格後は人事総務部に報告しポイントを加算する
運用となっていて、
その取得ポイント数が昇格の基準に達した段階で
人事考課を加えて昇格判定を行います。

・・・

なおこの制度は、人事資格がリーダー(主任)クラス
の4級までの社員が対象で、その上の役職者には
適用されません。

・・・

当社はビジネス・キャリア検定を昇格基準の一つとして
活用しておりますが、
この検定は、基本的な知識を一通りカバーしており
広く一般に通用する内容になっています。
その点で、社員の知識やスキルをある程度、
図ることができますので、
昇格にからめて運用するには使い勝手が良いと思っています。

勿論、各種資格試験を完全な自己啓発として奨励することは
できると思いますが、
それだけではどうしてもモチベーションがあがらないのでは
ないかと思います。


やはり当社のポイント制のように、
何かしら制度的に組み込んだ方が個人の力も
会社の力もあがるのではないかと思います
。』


NECソフトさんの例のように、
リーダー(主任)クラスの4級までの社員が
資格ポイント取得の対象となっているが、
このような運用となっている企業は多いのではないだろうか。

初級・中堅社員のうちに
基礎的かつ広範囲な知識を学習した実績がある人間を
管理職予備軍に登用していく、
というスキームは、
企業にとって、構築していきたい人事制度と
なるのではないだろうか。



参考になりましたら、下を1クリックお願いします。
  

人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 14:24
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック