プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【JAL再建関連37】稲盛会長に退任観測?

以前、当ブログ 2010年4月20日の記事で、
稲盛会長に更迭論が浮上していると書いたが、
今度は、
日本経済新聞、2010年5月8日記事に
「日航・稲盛会長に退任観測?」
との記事が掲載された。

以下、抜粋。
『日本航空の稲盛和夫会長(京セラ名誉会長)の
早期退任観測が一時急浮上し、
関係者が気をもむ場面があった。

管財人の企業再生支援機構などは
「辞意を漏らしたという事実はない」と火消しに躍起だが、
稲盛氏が同社の経営体質へ不満を募らせているとの見方がくすぶっている。

「危ないんじゃないか」。

一部銀行団や日航社内に「会長が辞任をほのめかした」という
衝撃情報が走ったのはほぼ1カ月前。
きっかけは4月3日夜だ。

鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長とともに
京都市内で会食した際の稲盛氏の様子が「ひどく疲れている」と伝わった。

高齢(78歳)を不安視する向きもある。
退任観測は根拠が薄い憶測なのか。
「京都会談」後も、憶測というには具体的過ぎるほどの議論が
関係者の間で浮上したことだけは間違いない。

銀行や省庁関係者の間では、
一時「ポスト稲盛」を巡り、複数の有力経済人の名前が語られた。
「補佐役」となる副会長職を創設するなどして、
稲盛氏への負担を大幅に軽減してはどうかといったアイデアも出た。

政府や銀行団にとっても、稲盛氏の存在は大きい。
日航プロパー職員の親方日の丸体質には批判的といわれる稲盛氏だが、
大幅なリストラには慎重とされる。

前原誠司国土交通相は「路線や人員の大幅な縮小は不可避」としたが、
それはリストラに慎重な稲盛氏らへのけん制とも受け取れる。

ただ、最大の実力者である小沢一郎民主党幹事長と
稲盛氏のパイプは無視できない。

大幅な国内路線撤退などの利害調整は複雑で、
稲盛氏も小沢氏の力量に頼まざるを得ないとみられる。
「稲盛氏以外に難題を解決できる人材はいない」
との声が消えないゆえんだ。

銀行団が再び新規融資に応じられる手堅い再建案をまとめ、
関係者を説得する。

それができるかどうかが三顧の礼で迎えられた
稲盛氏の存在意義でもある。

できなければ、
「辞任観測」が「観測」でなくなる日が来ないとも限らない。』


仮に、稲盛氏が辞任するにしても、
上手く仕切らなければ、
民主党も、大きなスポンサーを失うこととなる。

また、経済界に
民主党に担がれると碌な事が無い
との印象を強く与えることになりかねない。


一時期、日本郵政の西川氏の後釜に
稲盛氏が座るのではないかとの観測が出たが、
現実にはならなかった。

その代わりに?
日航の会長に迎えられた稲盛氏だが、
再建計画提出が遅れることが確実となって現段階において、
当初の思惑とは違い、
再建が難航していることは間違いない。


会長職なのに代表権を持たず、
無報酬で勤めている稲盛会長。

一般の会社で、
一般の人が、
無報酬で代表権を持たない会長職に就いたら、
単なるご意見番としか思われないだろう。

そう思われないのが、稲盛会長のスゴさでもある。


稲盛会長の動向も含め、
今後の日航関連の展開から目が離せない。


稲盛和夫 理念の経営





参考になりましたら、下を1クリックお願いします。
  

人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 20:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック