プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【JAL再建関連35】会員獲得争奪戦で消耗戦

一部週刊誌等では、
先月あたりから書かれていたが、
JALとANAのマイレージプログラムに
異変が起きており、
両社、消耗戦の様相を呈してきたようだ。

以下、週刊ダイヤモンド
2010年5月1・8日 合併号

『この4月から、
日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)の
マイレージプログラムに異変が起きている。

驚くような特典が付くキャンペーンが
連発されているのだ。

最も目を引くのは、
両社とも、普通運賃で搭乗した場合、
通常のマイルと同数のボーナスマイルが付き、
2倍のマイルを獲得できるキャンペーンだ。
上級会員向けには、
通常の2倍以上のマイルが付くサービルも行っている。

・・・

これまでも類似のキャンペーンは行われてきたが、
「サービスの規模は異例」(業界関係者)という。

両社とも、無理を承知で顧客争奪戦をしているわけだが、
背景には、JAL破綻による、マイレージ会員の
奪い合いがある。

JALの経営危機が本格化した昨年秋以降、
ANAのマイレージ新規会員数、
そしてANAカード(クレジットカード)の
新規会員数が前年比1.5〜2倍近い勢いで
伸び始めた。

一方、JALのマイレージ新規会員数は
同期間、低迷。

特に、会社更生法適用申請をした1月、
そして2月は新規会員数が激減した。

「当然、法的整理の影響は大きかった」
(JAL関係者)。

ここからさらに顧客数を増やしたいANAと、
なんとか顧客離れを食い止めたいJALの
一騎打ちとなっている。

マイレージサービスは
顧客囲い込みに有効だが、
行過ぎると将来の負債を増やすだけ。
消耗戦に陥っている。』



本日(4月28日)に更正計画案の骨子をまとめ
記者会見で正式に発表する予定の日本航空。

直前のタイミングで、再度、上記のような記事が
採り上げられることは、
マイナスイメージを多くの人に植え付けることと
なるだろう。


投入された公的資金が、
過当な値引きの原資になることは、
ANAの伊東社長でなくても、
納得いかないところ。


公的資金が注入された場合、
資金使途を広く開示することが、
今後の他社の再生案件についても、
必要となってくることであり、
JAL案件については、その先鞭をつけて貰いたいものだ。




参考になりましたら、下を1クリックお願いします。
  

人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • 10:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック