プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【JAL再建関連46】再生計画案提出

『会社更生手続き中の日本航空と
管財人の企業再生支援機構は31日、
東京地裁に金融機関などによる
総額5215億円の債権放棄などを
柱とする更正計画案を提出した。

計画案は11月末を目処に地裁の認可を
得られる見通し』

産経新聞 2010年8月31日記事より

2月1日、稲盛氏が会長に就任してから7ヶ月。

ようやく、方向性が定まった。


JAL再建関連というカテゴリーで今回で46回目の記事。

カテゴリー創設の動機は、
JALの倒産は、今の日本とだぶる、
すなわち、JAL再建の過程で、日本再建のための
何かが見えてくるのでは?
という淡い期待からだった。

「日本とだぶるJAL」より




結局、政府の信用力を背景に、
民間金融機関をねじ伏せ、
借金を棒引きにして貰い、

更に、借金を棒引きにして貰っておきながら
支援機構の保証で追加融資もお願いするという、
超法規的措置を使っているにも関わらず、

12年末までに再上場を計画し、
支援機構は、しっかり元を取りますみたいな、

市場経済を全くもって無視したご都合主義の再建計画は、
今後、どの企業の参考にもならないものとなってしまった。

さて、これに私心なかりしかと
稲盛会長に問いたい気分である。



以前、朝まで生テレビで、
チームラボの猪子社長が言っていたように、
日航は市場で価値が付かなかったから倒産した。

なのに、政府が介入すれば、
実質2年で、市場に認められる会社になるとは、
市場関係者に見る目がないのか、
政府介入が通常の金融常識から著しく外れているか
どちらかだろう。


また、再建中に企業にも関わらず、
資金繰りの心配をしているように見えないところも、
通常の再建とは著しく異なっている。

続きを読む >>

鈴与、日航関連2社を子会社化

以前、2010年3月12日の当ブログで

「JAL撤退でFDAとSKYが下克上!?」

との記事を書いた。

なかでも、FDAは、
「大手が小型機を増やすまでの4,5年が勝負」
と考えている。


その流れの中で、
今回、FDAを率いる鈴与が、
日航関連2社を子会社化した。

静岡を拠点に、
愛知県を含めた東海・中京地区を
押さえにかかっていることがありありと見える。

ここで蒔かれた種は、
実を結ぶのか。

念のため、記事の切り抜き。


【JAL再建関連44】更正計画提出決定か?

日航、会社更生計画は、、
予定通り8月末までに東京地裁に提出できる模様。

計画案の骨子は、

・今後5年で営業コストを4400億円削減
・最終年度(15年3月期)の営業利益は1331億円
・支援機構が12月に3500億円を出資
・銀行融資など一般債権のカット率は87.5%
 (債務免除益として今期に5216億円を計上)
・主力銀行団からの借り換え融資は3192億円を想定
・12月に中核3社が合併


週刊文春には、
「メガバンクは寝耳に水
腐った再生計画」
とか書かれてしまっているが、
まずは、秋口まで、計画に則った運営が行われる。


関連する日本経済新聞記事を切り抜き。


【JAL再建関連43】銀行団との交渉前進か?

今月に入って、新たな計画をもって
銀行団と交渉に入っている日航。


・債権放棄
・新規設備資金調達
・新規運転資金調達

の3つが交渉内容にあたるが、
上記2つについては、
概ね方向性が決まったようだ。

以下、
7月22日 日本経済新聞記事
7月18日 毎日新聞記事
を切り抜き。


【JAL再建関連42】JAL問題に絡む空港経営と公租公課

週刊ダイヤモンド
2010年7月10日号に

「極秘資料から読み解く
迷走するJAL再建
岐路に立つ日本航空行政」

との記事が掲載されている。


前半部分は、
これまで様々な記事が採り上げている流れ同様、
国際線にかかる収支計画が甘く、
これじゃあダメだろ、的な内容。

その後、支援機構の思惑を挟んで、

従前から本案件の本丸であるけれども、
誰もが避けて通りたがる
「空港整備勘定」へと話題が展開していく。

以下、一部を切り抜き。


【JAL再建関連41】6月末〜7月初旬 日航の動き

日航は、8月末に提出する更正計画における
金融機関調整を7月から始めた。

6月末に
人員削減にかかる発表を行った後、
7月1日に主力行に対して、
追加支援案を提出した模様。

以下、日本経済新聞からの切り抜き


【JAL再建関連40】日航、収支計画案提示

日航が銀行団に対し、収支計画案を提示したらしい。

簡単にまとめると、
1兆円強のリストラ費用が発生し、
2010年3月期最終利益は1兆3000億円の赤字。
これに対し、
債務免除益を7000億円を見込む。

以下、日本経済新聞
2010年6月15日 記事から抜粋


【JAL再建関連39】日航 250億円営業黒字目指す

日航が今期黒字化の計画を打ち出した。


しかしながら、リストラに伴う特別損失があるため、
資金繰り的には、かなり厳しくなると思うのだが、
これも、銀行団の意向を踏まえてのこと。

この計画をもって、更生計画提出にかかる
金融機関交渉は落ち着くのだろうか。

以下、産経新聞からの抜粋

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100608-00000060-san-bus_all


【JAL再建関連38】更正計画提出2ヶ月延期確定他

先々週末から体調が悪く、
文字を見るのも書くのも打つのも
しんどかったため
一時更新が停止していた、このブログ。

5月20日から31日までの間に、
日航再建関連の動きとして、
「更正計画提出2ヶ月延期が確定」
「株主優待の廃止」
があった。

どちらも、日航にとってイメージが低下する事柄だ。

以下、各記事を一部抜粋。


【JAL再建関連37】稲盛会長に退任観測?

以前、当ブログ 2010年4月20日の記事で、
稲盛会長に更迭論が浮上していると書いたが、
今度は、
日本経済新聞、2010年5月8日記事に
「日航・稲盛会長に退任観測?」
との記事が掲載された。

以下、抜粋。
続きを読む >>

| 1/5PAGES | >>