プロフィール

運営者螢泪ぅ襯好函璽鵝Ε灰鵐汽襯謄ング・グループは、資金繰り支援・総務経理アウトソーシング・従業員教育を中心に中堅・中小企業の皆様の間接部門強化のお手伝いをしております。ブログを読んで気になった方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
「当社HP問い合わせフォーム」へ プロフィール
運営者は?★
★運営者HPはこちら★

相互リンク募集中!

相互リンクブログ
募集中です!

categories

人気記事

archives










fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ












スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.03.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ようこそ!「中小企業資金繰り.com」ブログへ

日常の気付きから、中小企業の資金繰り、経営力向上に役立つ記事を綴ります。
運営は、株式会社マイルストーン・コンサルティング・グループ
コメント、相互リンク大歓迎です。

サイト右上欄から申し込める無料メール講座
社内教育のススメ
ビジキャリ労務管理3級メール講座
恐れるな!赤字決算の対処法
もよろしくお願いします。

< 新 着 記 事 >
 1月14日  
バラマキが始まります!
 1月14日  
2013年、中小企業金融動向
12月12日
  
倒産増加か?
12月11日
  
リスク管理債権増加中
12月 4日  経営力強化保証、借換保証制度
11月27  
金融円滑化法が終わったらどうなるの?
11月 7日  
経営革新等支援機関に認定されました
10月24
  
中小企業金融の隠れ不良債権
10月19日  
WBS特集『金融円滑化法、終了まで半年』弊社取材
10月12日
  
銀行の担当窓口が支店から管理部門に移った
10月11日  
今後の中小企業金融と資本性借入  
 9月14日  
24年9月時点、金融円滑化法終了後の中小企業金融について 


milestone-logo



私たちの仕事
 
 1. マイルストーンの仕事
 2. マイルストーンが選ばれる理由
 3. マイルストーンが提供する記帳代行+税務サービス 
 4. 資金調達までお手伝いする理由
 5. 成果型経営改善計画作成代行(金融機関対応)
 6. まずは、セカンドオピニオンとしての役割を
 7. マイルストーンの新入社員研修
 8. 研修サマリー「考えると悩むは違う」
 9. 恐れるな、赤字決算の対処法
10. 起業時のネット銀行利用のススメ
11. マイルストーンの新入社員研修その2
12. 中小企業にとっての理想の経理1
13. 中小企業にとっての理想の経理2 ストラテジスト
14.
小冊子『恐れるな!赤字決算の対処法』プレゼント
15. 経営革新等支援機関に認定されました
16.
金融円滑化法が終わったらどうなるの?


★中小企業経営者のための金融講座

 1. 金融検査マニュアル別冊とは
 2. 経営計画が計画通り進まなかったら
 3. 経営改善計画の効果とは
 4. 金融行政の混乱
 5. 金融機関の検査負担軽減
 6. 債務の株式化、資本的劣後ローン
 7. 地域経済の再生における金融機関の役割
 8. 新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策
 9. 企業を成長させるには?
10. 返済猶予に関する企業動向調査
11. リストラが会社をダメにする
12. 三井住友、東海地区に殴りこみ
13. 日本の産業を巡る現状と課題
14. 設備投資について考える
15. リレーションシップバンキングの再生
16. 日銀、成長促進へ貸出制度
17. どんな会社が倒産するのか?
18. 平成22年6月 ものづくり白書
19. なぜ実質無借金?
20. 消費税もいいけど、人材育成も
21. 切り抜きドラッカー 5つの計器

22. 福井前総裁の振返り
23. パナソニックを見て、経産省と金融庁のズレを思う
24. 東京債権回収倒産と信用保証協会保証残高

25. 倒産件数がV字回復へ
26. 2011年金融円滑化法利用後倒産、100件突破
27. 平成23年4月から、倒産が加速している
28. 平成24年3月の法案期限に向けて
29. 2012年は中小企業金融の転換期か?

30. 神奈川県下、金融機関の自己資本状況
31. 飲食店の厳しい資金繰り
32. 財務バランスを考える
33. 長短プライムレート逆転中につき
34. ICTスタートアップバブル
35. 資本性借入金≒DDSの活用について その1
36. 資本性借入金≒DDSの活用について その2
37. 市場細分化の重要性について
38. 企業会計と事業計画スパン
39. 危機対応「資本的劣後ローン」第1号案件
40. 円滑化法終了後の動向について
41. 円滑化法終了後の動向について その2
42. 円滑化法終了後の出口戦略迷走中?
43. 24年9月時点、金融円滑化法終了後の中小企業金融
44. 企業再生における金融手法
45. 今後の中小企業金融と資本性借入
46. 銀行の担当窓口が支店から管理部門に移った
47. WBS特集『金融円滑化法、終了まで半年』
48. 中小企業金融の隠れ不良債権
49. 経営力強化保証、借換保証制度
50. リスク管理債権増加中
51. 倒産増加か?
52. 2013年、中小企業金融動向
53. バラマキが始まります!


★社内読書会のススメ★

 1. 社内読書会のススメ
 2. 【チーズはどこへ消えた?】
 3. 【自助論】
 4. 【さあ、才能(じぶん)に目覚めよう】
 5. 【7つの習慣】


★支援機構に学ぶ事業再生計画★

 1. 事業再生計画の策定支援:資産査定
 2. 事業再生計画の内容
 3. 生産性向上基準と財務健全化基準
 4. セノー蠹に対する支援決定その1
 5. セノー蠹に対する支援決定その2
 6. 企業再生支援機構が苦戦している
 7. 支援機構、医療法人の支援決定
 8. 企業再生支援機構、受け付け終了


★気になる企業の業績★

 1. マクドナルドを考える4月4日
 2. すき家を考える5月5日
 3. 工作機械、好調につき(螢張ミ)
 4. プロパストが民事再生申請
 5. カップめんに見る商品戦略
 6. プロパストの記事、抜粋
 7. マクドナルド、モバイルマーケティングを1歩進める
 8. リクルートを考える6月13日
 9. プロパスト上場時価総額基準クリア
10. マクドナルド 携帯クーポン関連記事
11. 角川コンテンツゲートの意義
12. サイゼリヤを考える7月18日
13. 中期計画の新潮流
14. ハウステンボスがスゴイことになっている
15. マック流の稼ぎ方
16. マクドナルドのIT活用


★ビジネス・キャリア検定を活用しよう

 1. ビジネス・キャリア検定を活用しよう
 2. スタッフ部門の昇格要件にビジネス・キャリア検定を
 3. ビジネス・キャリア検定普及状況
 4. ビジネス・キャリア検定を導入した理由
 5. ビジネス・キャリア検定を活用するページ
 6. ビジキャリ対応労務管理3級対応メール講座はじめました!
 7. ビジネス・キャリア検定の活用 個人編
 8. ビジネス・キャリア検定 平成22年度前期受付開始
 9. 「社内教育のススメ」無料メール講座はじめました
10. ビジネス・キャリア検定労務管理3級 特急対策


★経済を考える★

 1. 9月世界同時株安は来るのか
 2. 9月8日円続伸
 3. 9月12日、予測どおりのアイルランドと中国
 4. 中国政府、鉄鋼減産に向けて強権発動
 5. インフレ懸念について
 
6. インフレ懸念について2
 
7. 国債急落シナリオ


★コラム★

 1. 経営戦略を見直す?
  2. 3年後?に備えて
 3. 意外と強みと呼べる範囲は狭く、弱みは予想以上に広範囲に及ぶ
 4. 企業倒産動向 
 5. 何でもやってみる
 6. CO2温暖化説に疑い?
 7. 定点観測 ハウステンボス再生
 8. サザエさんと日本国債、あとMPJ
 9. 採用活動に変化の兆し
10. ツイッターの飲食店向けノウハウ
11. 【ハウステンボス続報1】再建困難の理由
12. 【ハウステンボス続報2】澤田会長の挑戦
13. 企業再生支援機構がウィルコム支援決定
14. 佐藤優は外務省にとってパンドラの箱だったのか
15. ヴァーチャルのメディアとして最強
16. 【ハウステンボス続報3】事業計画発表
17. DOMMUNEと著作権
18. 日本経済新聞電子版ってどうなんだろう?
19. 2010年4月 出版業界を取り巻く環境
20. 白川日銀総裁の見方
21. 日経電子版が5月からパワーアップ
22. 「新刊.JP」と「FeBe」
23. Ustream 日本語版登場
24. 企業価値分析サービス「ユーレット」が面白い
25. ジャスダック上場不動産倒産!底が抜けてきたか?
26. 郵政改革 西川元社長コメント
27. 日銀の「くせ球」が投げられた
28. HMV渋谷店 8月閉鎖へ
29. コンビニが抱える2つのロス
30. ドコモSIMロック解除へ
31. 5時間で1400部以上売れた電子書籍
32. 日本経済は「アイスクリームの天ぷら」だ!
33. 金銭損得の絶対感覚とSuica
34.
2chまとめ『中小企業金融円滑化法』を利用したのに倒産・・・ 
35.
現状を取り巻く環境と経営に対する姿勢



★JAL再建から見た企業再生の実際

 
1. 日本とだぶるJAL
 2. 【JAL再建関連 1】日航 早期退職者2700人募集
 3. 【JAL再建関連 2】日航、日本郵船との航空貨物事業の統合断念
 4. 【JAL再建関連 3】現在のJAL再生計画骨子
 5. 【JAL再建関連 4】国土交通省の思惑

 6. 【JAL再建関連 5】プレパッケージによる再生支援
 7. 【JAL再建関連 6】高給管理職削減400人の早期退職募集
 8. 【JAL再建関連 7】羽田発着枠を利権化する航空行政
 9. 【JAL再建関連 8】再建計画は杜撰なのか?
10. 【JAL再建関連 9】政治を巻き込んだ大乱闘へ
11. 【JAL再建関連10】会社更生の影響か?顧客流出が鮮明
12. 【JAL再建関連11】民主党、叩かれる前に叩く
13. 【JAL再建関連12】JAL撤退でFDAとSKYが下克上
14. 【JAL再建関連13】企業再生支援機構って何者?
15. 【JAL再建関連14】3月17日、定例会見
16. 【JAL再建関連15】文春新書「JAL崩壊」より
17. 【JAL再建関連16】ANAは怒っている
18. 【JAL再建関連17】3メガバンク、支援機構に債権買取要請
19. 【JAL再建関連18】そしてリストラを更に加速する日航
20. 【JAL再建関連19】JAL再生の嘘その1
21. 【JAL再建関連20】JALからFDAへ
22. 【JAL再建関連21】銀行団との綱引き本格化
23. 【JAL再建関連22】日航、更正計画作り難航
24. 【JAL再建関連23】予想通り地元知事反発
25. 【JAL再建関連24】労働組合の会見
26. 【JAL再建関連25】リストラ前倒し
27. 【JAL再建関連26】続JAL再建計画骨子その1
28. 【JAL再建関連27】続JAL再建計画骨子その2
29. 【JAL再建関連28】更正計画作りやはり難航
30. 【JAL再建関連29】メガバンクの動向
31. 【JAL再建関連30】早期退職に応募殺到
32. 【JAL再建関連31】稲盛会長更迭論も浮上
33. 【JAL再建関連32】国交相、更正計画「提出遅れも」
34. 【JAL再建関連33】更正計画提出、8月末に延期
35. 【JAL再建関連34】自治体首長ら存続求め要望活動
36. 【JAL再建関連35】会員獲得争奪戦で消耗戦
37. 【JAL再建関連36】4月28日記者会見と周囲の反応
38. 【JAL再建関連37】稲盛会長に退任観測?
39. 【JAL再建関連38】更正計画提出2ヶ月延期確定他
40. 【JAL再建関連39】日航 250億円営業黒字目指す
41. 【JAL再建関連40】日航、収支計画案提示
42. 【JAL再建関連41】6月末〜7月初旬 日航の動き
43. 【JAL再建関連42】JAL問題に絡む空港経営と公租公課
44. 【JAL再建関連43】銀行団との交渉前進か?
45. 【JAL再建関連44】更正計画提出決定か?
46. 【JAL再建関連45】鈴与、日航関連2社を子会社化
47. 【JAL再建関連46】再生計画案提出


★めどぎさんの独白★

 1. めどぎさんの独白

 2. 海岸線が無限に長いこと
 3.
90年代、ソーシャルメディア、そしてこれから訪れる悲しい出来事


★お世話になります★

 1. 異業種交流会に参加してきました
 2. 異業種交流会に出没中です!
 3. ツイッターでの放談実施中!
 4. facebookとiphoneアプリの実験
 5. facebook運用はじめました!

presented by Milestone Consulting Group ,inc.
資金繰り支援は、マイルストーン・コンサルティング・グループへ

お問合せ・無料相談はこちらからどうぞ!


参考になりましたら、下を1クリックお願いします。
  

人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村

バラマキが始まります!

政府によるバラマキが始まりそうです。

新聞紙面でもその動向が毎日採り上げられていますが
『日本経済再生に向けた緊急経済対策』が平成25年1月11日閣議決定されました。

中小企業関連分野で気になるモノとして、


2013年、中小企業金融動向

2013年3月の金融円滑化法の終了がほぼ確実となっていますが、

今年の中小企業金融動向は以下のように予測してみました。



倒産増加か?

今後の倒産減少を見込む金融機関はゼロとのことです。

回りくどい言い方ですが、つまり、倒産が増加するってことですね。

中小企業を取り巻く環境は厳しさが続きます。
連鎖倒産とならないよう、取引先の状況は常にチェックが必要ですね。

帝国データバンク調査より
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p121202.html

調査結果からの4つの指摘は以下のとおりです。




JUGEMテーマ:経営
 

リスク管理債権増加中

「金融円滑化法」の期限切れを平成25年3月末に控える中、
国内銀行112行のリスク管理債権合計が、前年同期より2.1%増加しました。


債務者区分を正常債権からリスク管理債権への債務者区分を見直し、
格付けを引き下げたことが要因として考えられます。

企業の債務者区分が引き下げられた場合、
当該企業には、金融機関から金利引き上げの要請や、
貸出金回収に対する圧力が高まる可能性が出てきます。

策定した経営改善計画の進捗状況が著しく芳しくない(80%以下)、
複数回にわたり返済緩和の条件変更を行ったにも関わらず元金返済を行う目処が立たない、
そんな企業の債務者区分が引き下げられているのでしょう。

東京商工リサーチ
『国内銀行112行「リスク管理債権状況」調査』より
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/2012/1223450_2004.html






JUGEMテーマ:経営
 

経営力強化保証、借換保証制度

リーマンショック以降、業績悪化を支えるためセーフティーネット保証による借入を行った中小企業も多いことでしょう。


このセーフティーネット保証、保証協会が100%保証してくれるため、貸出を行う金融機関はリスクなしに中小企業に融資ができるということで、
多くの金融機関が、中小企業に対し、バラマキに近い形で、貸出を実施しました。


無担保で最大8000万円まで借入可能なこの制度融資。


8000万円を返済期間10年で借入たとして、毎年800万円の返済を行う必要があります。


もし、800万円の返済を行うことが出来ない場合、多くの企業は、例えば500万円程度の折り返し資金を新たに借りて、徐々に借入を減らしていくのですが、融資後、セーフティーネット保証の要件に合致しなくなった場合、折り返し資金の借入が困難となる可能性が出てきます。


セーフティーネット保証は100%保証ですが、通常の保証協会保証付融資は、金融機関が融資額の20%部分について保証が受けられないため(責任共有保証)、通常保証による融資に躊躇するケースが多いからです。

借換保証制度

金融円滑化法が終わったらどうなるの?


最近、お客様から

「中小企業金融円滑化法が終了すると、どうなる
の?」

という質問を多く受けます。

経営革新等支援機関に認定されました

弊社が経営革新等支援機関に認定されました!


中小企業庁は、本年8月30日に施行された「中小企業経営力強化支援法」に基づき、
2,102機関を「経営革新等支援機関」として認定しました。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2012/1105nintei.htm

弊社もこの中の一企業として認定されました。


弊社は、神奈川県、民間企業(コンサル)で認定されております。

民間企業は関東で13機関、神奈川では3機関となっています。




分類を見てみると、税理士・税理士法人が1,409機関と全体の3分の2を占め、
次いで弁護士・弁護士法人が285機関と全体の14%程度を占めているようです。


都道府県分類で見ると、
認定機関が多い都道府県から東京、大阪、静岡、神奈川、愛知の順となっています。





中小企業金融の隠れ不良債権

金融円滑化法によって、

多くの中小企業が、金融機関借入金返済の
猶予を受けていると報道されており、

平成25年3月の円滑化法終
了に伴い、

今後の中小企業を取り巻く金融環境がどう変わるのか、

最近、様々な新聞や雑誌で取り上げられていますが、

中小企業経営
者と接していて感じることは、

金融円滑化法が終了することよりも


もっと大きな問題が目の前に横たわっているのではないかという
疑念です。



その問題は、後継者問題です。


WBS特集『金融円滑化法、終了まで半年』弊社取材

弊社にて取材協力させて頂いたテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』がアーカイブ化され、
Web上で放送内容を見ることができます。

こちらより↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_28459

まだの方は是非一度、ご覧下さい。
円滑化法終了を控え、先行きに関して不透明な企業が徐々に増えているようですね。


放送内容の文字起しは下記のとおりです。




続きを読む >>

| 1/22PAGES | >>